・ソ 証券口座を比較して選ぶ

証券口座を比較して選ぶ

証券口座とは、銀行口座の証券の場合のようなもので、投資信託のほかに様々なサービスが付与されたものをいいます。

投資信託のほかに株式やそのほかの有価証券の購入・売却対応、ものによっては公共料金の引き落としなどを行っているものもあります。
多くの人々が新規に口座を開設利用する場合、選ぶ基準は他者の証券会社と比較して手数料が安いこと、家から近いことなどがその条件としてありますが、そのほかにもさまざまな比較材料はあります。
証券口座にはおおきくふたつの種類があり、インターネットで行われるネット証券と総合証券です。

ネット証券は総合証券に比べ手数料が安く口座管理費がかからないことなどがメリットにあります。



反対に総合証券の場合は、ネット証券に比べて人件費がかかる分手数料はかかりますが、株式取引を行う際に証券マンに意見やアドバイスを聞くことができるメリットもあります。
口座の開設に必要なものは両者に大きな変化はありませんが、現在ネット証券の数が増えています。

ネット証券の選び方にもそれぞれ条件があります。



まず、総合証券とネット証券とは異なり、口座開設の手数料ではなく現物・信用などの取引の手数料がどれほどかかるのか。

そのほかに、取引に必要なチャートなどのトレードツールの使いやすさ、扱っている取引の種類の多さ、与えられる情報量の多さの違い、そして、証券会社自体の人気があります。


このような比較項目を調べて証券口座を開設する必要があります。